当院における
新型コロナウイルス
感染終息について


  


 令和4年1月31日に当院療養病棟にて2名の新型コロナウイルス感染症が発生しました。
 その後 感染は他病棟に拡大しましたが、3月9日に1名感染したのち現在まで新規発生はありません。 概ね皆様軽症で経過し、37-40度の発熱のち数日で解熱、約10日で治癒されています。 変異株オミクロン株の特性に加えて、ワクチン2回接種と特例承認薬投薬が効果的と思われました。
 札幌市保健所との協議にて4月4日をもちまして院内新型コロナ感染症は終息としました。 現在なお全国的に感染状況は高止まりしており、今後院内再発生の危険性は依然大きくこれまで以上に感染防止対策を行う所存です。 大変申し訳ありませんが引き続き面会は当面制限させていただきます。
 今回 当院のクラスターに関しましては種々ご心配、ご迷惑をお掛けしお詫び申し上げますと共に、当院の運営にご理解とご協力をいただきましたこと感謝申し上げます。
 今後ともよろしくお願い申し上げます。

         令和4年4月5日
         医療法人社団図南会 あしりべつ病院